このページの先頭へ

首イボ除去に有効な3種類の成分-ヨクイニン・杏仁・ドクダミエキスが有効な理由を解説!

首イボ予防に効果がある成分が入った商品を合わせて使用するとより効果的なケアが行えます。

MENU

首イボ有効成分

首イボは加齢とともに首周りやデコルテなどにでき、その見た目の印象から治療したいと考える方が多いようです。
治療方法はいくつかありますが、病院に行かずに自宅でできるケアとして、クリームやジェルを塗布したり、漢方薬などを服用する方法があります。

 

それでは、首イボに有効な成分にはどのようなものがあるのでしょうか??
このページでは、首イボに効果があるとされている成分をわかりやすくご紹介していきたいと思います!

 

首イボに有効な成分は?

できてしまった首イボに効果がある成分には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

ヨクイニン
ヨクイニンの画像
ヨクイニンとは1000年以上昔から使われている漢方の一種で、ハトムギのことです。

イネ科の植物で、ハトムギの皮を除いた種子が原料となっています。
大変栄養価が高く、美容にも良いことから楊貴妃も愛用していたという噂もあるそうです。


 

ヨクイニンがイボに有効な理由

イボの原因はお肌の老化や紫外線によるダメージなどでターンオーバーが乱れ、古い角質や老廃物がお肌に蓄積してしまって硬くなり、イボになってしまいます。
ヨクイニンはこの乱れたターンオーバーを正常に整えてくれる作用があるんです!
さらに、良質なアミノ酸などの栄養を補給したり、保湿効果、膿の排出作用、炎症を抑える働きなども兼ね備え、お肌をなめらかに整えます。
イボだけでなく、肌荒れやニキビケアにも重宝されており、医薬品や漢方、健康食品をはじめ、化粧水・クリーム・石けんなどの化粧品としても幅広く利用されています。

 

ヨクイニンの利用

医薬品、漢方薬、健康食品、化粧品などに配合

 

ヨクイニンの副作用

人間は複雑な動物であり、薬の副作用も個人差が大きいのです。
しかし西洋医学の薬と違って漢方薬は副作用がそれ程強くありません。
しかしながら体質や環境などで副作用の出方が違ってきます。
ヨクイニン錠の副作用は下痢や便秘など消化器系統の副作用が報告されています。
ヨクイニンの副作用はそれ程心配する必要はありませんが、やはり医師の指導の上で服用するようにしましょう。ちなみに妊娠期間中は服用を中止した方が良さそうです。

 

 

杏仁(きょうにん)オイル
あんずの画像
杏仁とはあんずの種子のことを差し、それから低温圧搾抽出した植物性オイルを杏仁オイルと呼びます。無色透明で、お肌への浸透が良くさらっとした使用かが特徴で、オイルとして直接お肌につける使用方法もあります。

 

杏仁オイルがイボに有効な理由

この杏仁オイルは美容に効果が高いとされており、注目の成分は高級脂肪酸(パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、ステアリン酸)やビタミンEです。これらの働きにより、お肌のターンオーバーの正常化、保湿効果、バリア機能向上、抗酸化作用、シミ防止などの効果が期待できます。
このことから、イボの原因であるターンオーバーの乱れと整えたり、摩擦や紫外線からお肌を保護する点で効果が期待できます。また、美容成分が豊富で保湿効果などもあるので、新しいイボができにくいお肌に導いてくれることも期待できます。

 

杏仁オイルの利用

オイル、化粧品などに配合

 

杏仁オイルの副作用

植物由来の天然成分で、副作用は比較的少ないとされているようです。

 

 

ドクダミエキス
ドクダミの画像
ドクダミエキスは、特徴的な臭いで知られているドクダミから抽出したエキスで、主に葉や茎を使用しています。

古くから皮膚疾患に効果的とされ、民間治療薬として用いられていました。


 

ドクダミエキスがイボに有効な理由

ドクダミには殺菌効果、抗菌作用、抗酸化作用、新陳代謝促進、血行促進、美白効果、保湿などなど、お肌に嬉しい作用があるとされています。そのため、イボの原因でもあるターンオーバーの正常化が期待でき、保湿などもできるので、イボ予防にも効果的です。

 

ドクダミエキスの利用

外服薬、内服薬、お茶、化粧品・石けん・入浴剤などに配合

 

ドクダミエキスの副作用

厚生労働省が定める「日本薬局方」に記載されており、副作用の心配は低いと思われます。
しかし、服用する際は、カリウムが豊富に含まれるので腎機能疾患や肝臓の機能が低下しているときには注意が必要です。
ドクダミ茶として飲む場合、お腹が緩くなり下痢をすることもあるので、飲み過ぎないようにしましょう。

 

 

首イボ予防に効果がある成分

上記の成分はできてしまった首イボの改善に効果が期待できますが、首イボは一度取れたとしてもまたできてしまうことがあります。
加齢・紫外線・摩擦が原因となっているため、日常的にケアを続けることが必要不可欠!

 

首イボ予防に必要な成分はどのような成分なのでしょうか??

 

①保湿成分
例)ヒアルロン酸など

②美肌成分
例)ビタミン、コラーゲン、プラセンタなど

③バリア機能成分
例)セラミドなど

④エイジングケア成分
例)ペプチド、プロテオグリカン、アスタキサンチンなど

 

このような成分で首まわりのケアを行いお肌の機能をサポートしてあげることで、加齢・紫外線・摩擦によるダメージを蓄積しないようにしましょう!

 

 

まとめ

首イボに有効な成分を3種類ご紹介しました。
その他に、首イボ予防としてぜひ取り入れたい成分も合わせて使用することで、より効果的なケアが行えます。
毎日のケアで、なめらかなお肌を維持しましょう!

⇒クリアポロンの有効成分まとめ