このページの先頭へ

首イボを除去する3つの方法-自宅ケア(手作りコスメ・クリアポロン)と病院の除去手術

首イボを除去するには自宅でできるセルフケア(クリアポロン)と病院での手術があります。

MENU

首イボ除去

年齢と共にできやすくなる首イボ。
ポツポツと目立って気になっていませんか??
知らず知らずのうちに増えて脅威を感じる方も少なくないようです。

 

この首イボをなんとかしたい!
そんな方のために、このページでは首イボ除去の方法について詳しくまとめていきます。

 

首イボにお悩みの方はぜひご参考になさってくださいね!

 

 

 

 

首イボって何?

そもそも首イボとは、『アクロコルドン』『スキンダック』と呼ばれる皮膚の老化で起こり、非感染型の良性腫瘍の一種です。

 

首イボとは?

 

首まわりだけでなく、デコルテ、胸元、脇の下、腕など、体の皮膚が薄い部分にできやすいく、痛みはありませんが痒みは伴う場合もあります。
大きさは1~3mmで、米粒形・円形、平らなものや隆起したもの、飛び出したものなど、形状は多岐に渡ります。
色味もさまざまで、肌色、淡褐色、茶色などがあります。

 

主に30代以降に出来やすくなりますが、体質によっては20代からできる場合もあるようです。
また、柔らかい肌の方や、肥満の方にできやすいと言われています。

 

年配の方によく見られる症状のため、首イボがあると「老けて見える」という印象を受ける方も多いようです。
そのため、特に女性は「隠したい」「除去したい」と悩む方が多いようです。

 

 

首イボの除去方法とは?

良性の腫瘍ですので、放置しても害はありませんが、見た目の印象から除去を希望する方が多いのも事実。
首イボを除去する方法にはどのような種類があるのでしょうか?
3つの種類に分けてご紹介していきます。

 

  1. 自宅にあるもので除去する方法
  2. 首イボ専用のクリームやジェルで自宅ケアする方法
  3. 病院(皮膚科・美容外科)などの外科的施術を受ける方法

 

それでは、それぞれの方法とメリットデメリットを詳しく見ていきましょう!

 

 

①自宅にあるもので除去する方法

まだできたばかりの首イボや、ザラつきが気になる程度であれば自宅にあるものを使って症状を緩和することもできます。
首イボができてしまう原因の一つである角質のケアをしっかり行うことで、お肌を健康で清潔な状態に保ちます。
今まで首元の角質ケアをあまりしてこなかった!と言う方にはおすすめです。
自宅にあるものやスーパーで簡単に手に入る材料を使って手作りしてみましょう!

 

 

1.手作りスクラブ

塩

 

スクラブは角質ケアにはおなじみの美容アイテムですよね。
塩や砂糖と、オリーブオイルやココナッツオイルなどのオイルや蜂蜜を混ぜて作ります。
角質と老廃物の除去には塩スクラブ、優しくしっとりと角質ケアなら砂糖スクラブがおすすめです。
作り方は、塩や砂糖とオイルまたは蜂蜜を1:1の割合で混ぜ合わせるだけ
塩はやや少なめの0.8〜0.9程度でもOKです。

 

入浴時に、汚れを落としてから濡れたお肌に優しく塗りながらマッサージをします。
お風呂上りにボディローションやボディクリームで保湿をしてお肌を整えましょう。
ケアの頻度は週1回ほどでOKです。

 

 

2.手作りピーリング

ピーリング剤の作り方

 

スクラブのザラザラやオイルのベタつきが苦手な方は、ピーリングで角質をケアする方法もあります。
自宅でできる簡単なピーリングでおすすめなものは、クエン酸ピーリングです。
クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分で、お肌の古い角質や汚れを取り除き、ざらつきやくすみを改善してくれます。
作り方は、クエン酸と精製水を1:10の割合で混ぜ合わせるだけ
お肌が弱い方は、重曹をクエン酸よりやや少なめの量を加えるとマイルドになります。

 

使い方は、汚れを落とした清潔な首元に、クエン酸水をたっぷりつけたコットンで優しくパッティングします。
コットンを2つに裂いて1分ほどパックをしてもOKです。
その後はぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

 

 

3.手作り保湿パック

手作りパック

 

身近な材料で保湿パックをする方法もあります。
お肌の乾燥は角質層を乱しバリア機能の低下やお肌の生まれ変わりのサイクルを乱します。
お顔だけでなく首元もしっかり保湿ケアをしてあげましょう。
スクラブやピーリングの後に行ってもいいですね!
手軽に作れるものを2つご紹介します。

 

ヨーグルトはちみつパック

ヨーグルト大さじ1、はちみつ小さじ半、小麦粉小さじ1をよく混ぜて首元に塗り、10分程経ったら洗い流します。
ヨーグルトに含まれる乳清と蜂蜜の力でしっとりとしたお肌になり、トーンアップも期待できます。

 

米のとぎ汁パック

さっとお米を研ぎ、最初の研ぎ汁は捨てます。
次に水を少なめにしてしっかりと研ぎ、その研ぎ汁を適当な容器に移して冷蔵庫に入れます。
数分待つと水分と沈殿物に分かれるので、静かに水だけを捨て沈殿物を首元に塗ります
3分程経ったら洗い流します。
米のとぎ汁に含まれる酵素は古い角質を取り除いてくれるので、保湿だけでなくお肌が柔らかくなります。

 

 

メリット・デメリット

自宅で簡単に作れる首イボ対策の方法を3種類ご紹介いたしました。
この手作りで行う首イボ対策のメリットとデメリットはどのような事が挙げられるのでしょうか?

 

メリット
  • 安い材料でできる
  • 材料の組み合わせを楽しめる
  • 自宅でできるので好きなタイミングでできる

 

デメリット
  • 作る手間がかかる
  • 劇的な効果を期待することはできない
  • いかなる状態になっても自己責任

 

 

②首イボ専用クリームで改善する方法

首イボに悩む方はたくさんいますが、薬局などではあまり首イボ専用のケア用品って見かけませんよね??
しかし、首イボを除去するためのクリームやジェルは存在しているんです!
毎日自宅で塗るだけの簡単ケアなので、知っている人はもうケアを始めているかもしれません。

 

首イボ専用クリームにはいくつか商品の種類がありますが、今回は10万個の販売実績があり満足度93%越えの「クリアポロン」という商品を例にご紹介していきたいと思います!

 

 

クリアポロン商品画像

 

 

1.塗るタイミング

クリアポロンを手に取るイメージ画像

 

お風呂上がりの体が温まりお肌に浸透しやすい時や朝の身支度の際に、首やデコルテなど気になる部分に優しく塗ります。
毎日しっかり塗り続けることで、首イボが気になるお肌の状態を徐々に正常に整えてくれます。

 

 

2.期待できる効果

女性の首

 

首イボ専用に作られているので、有効成分がたくさん詰まっています。

 

角質ケア成分 ヨクイニン、あんずエキス
保湿成分 プラセンタ、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン
保護成分 セラミド、プロテオグリカン

 

首イボの原因である角質の乱れ、乾燥、外部刺激などからお肌を守って整えてくれます。
できてしまって時間が経った首イボへの効果はもちろん、今後首イボができないように予防してくれる効果も期待できるんです。
トータルケアができるのは首イボ専用商品ならではの嬉しいポイントですよね!

 

 

3.コスパが良い

コスパが良くて喜ぶ女性

 

だいたい1ヶ月分が2,000~7,000円くらいの価格帯です。
先ほどご紹介した手作りの材料で作るよりもコストはかかりますが、やはり首イボに特化した商品を使えば効果は圧倒的に高まります。
とにかく早く除去したい人は次の項目でご紹介する美容外科手術が最適ですが、できれば簡単で比較的安く、怖い思いをせずに綺麗になりたいですよね。

 

首イボ専用クリームは、塗るだけで首イボが改善&予防ができるので、様々な方法の中で一番コスパが良いと言えます。

 

 

メリット・デメリット

首イボ専用クリームの効果や特徴をご紹介しました。
それを踏まえてメリットとデメリットをまとめました。

 

メリット
  • 首イボ除去に特化した成分がギュッと詰まっている
  • 自宅でできるので気楽にケアができる
  • 継続して続けることでより効果を期待できる

 

デメリット
  • 人によっては完全に除去することができない場合もある
  • 効果が出るまでの時間に個人差がある
  • お肌に合わない場合もある

 

 

③外科的施術で除去する方法

首イボがどうしても気になる、早く取りたい!という方におすすめなのは、皮膚科美容外科で治療を受ける方法です。
美容目的で受ける事になるので保険が利かない治療もありますが、保険適用の施術も存在します。
ここでは3種類の方法をご紹介していきます。

 

首イボ除去方法を教えている医者のイメージ画像

 

 

①ハサミやメスで切除手術

隆起したタイプの小さめの首イボの場合は、ハサミやメスで簡単に取る事が可能です。
痛みや出血は少なく、傷跡も残りにくいのが特徴です。
大きめのイボの場合は局所麻酔をして切開・縫合する手術になる場合も。

 

  • 保険適応
  • 費用…1回 1,000~10,000円
    (イボの状態による)

 

 

②液体窒素で除去

マイナス196℃程の超低温である液体窒素をイボに接触させることで低温火傷を起こし切除するという方法です。火傷の跡がかさぶたになり、自然に取れますが、同時に痕(色素沈着)が残ってしまうことがあります。
治療時間は15分程度でお手軽ですが、痛みを伴うことや、数回の治療が必要なことや、治療期間が数ヶ月に渡るなどのデメリットがあります。

 

  • 保険適応
  • 費用…1回 1,000円程度

 

③レーザー治療

レーザー治療は保険が利かない場合がほとんどで、他の方法よりも高額な治療費がかかります。
炭酸ガスを照射して炭酸ガスレーザー治療や、2種類の波長のレーザーを照射できるYAGレーザー療法があります。
治療率が高いことや、痕が残りにくいことがメリットです。

 

  • 保険適応外
  • 費用…1個 2,000~50,000円程度

 

 

以上のように皮膚科や美容外科では首イボの除去治療を受ける事ができます。

 

 

絶対にやってはいけない方法

やってはいけない方法とは?

鏡を見ているとついつい気になって摘んだり引っ掻いてしまう首イボ。
病院に行かなくても、自分で取れるんじゃないかな?なんて考えたことはありませんか??

 

実はこれ、とても危険なんです!

 

絶対にやってはいけない事例をご紹介します!

 

①自分で切り取る
ハサミやカッター、糸で縛るなどの方法で、自分で切り取ってしまおうとする方がいます。

しかし、誤って血管を傷付けてしまったり、傷口からバイ菌が入って化膿してしまう危険性があるんです。
イボの中にはウイルス性で潰れたイボから周囲に広がってしまうことも!
毎日見ていると気になって取りたくなってしまう気持ちはわかりますが控えましょう!

②自分で焼く
液体窒素レーザーで低温火傷を起こす原理を利用して、ドライアイスを当てたり、ライターで熱した金属を当ててたりして、かさぶたにして取ってしまおうとする方がいます。

これは大きな火傷になってしまったり、火傷の痕が残ってしまったり、周囲の皮膚を痛めることがあり大変危険です。
絶対に行わないようにしましょう!

 

 

まとめ

笑顔の女性画像

 

 

首イボの除去方法について詳しくご紹介してまいりました。
現在の首イボの症状に合わせて方法を選ぶことが大切です。

 

症状が軽いようであれば手作りスクラブやピーリングでケアを行って、改善することも不可能ではありませんが、ポツポツが目立つようであれば首イボに適した有効成分が入った専用のクリームを使ったほうが断然効果的です。

 

どうしても早く除去したい方は、美容外科や皮膚科の施術を利用するのも一つの手段ですが、費用や痛み、ダウンタイムをよく考えて自分に合うものを選ぶ必要があります。

 

効果が高い方法がいい方や、病院に行くのは怖いけどしっかり首イボケアを始めたい方は、首イボ専用のクリームから始めてみてはいかがでしょうか?自宅で毎日塗るだけの簡単ケアですし、誰でもすぐに始められます。

 

首イボ専用クリームの中でも有名なクリアポロンは、満足度93%越えのかなり使い心地がいいクリームなのでおすすめの商品です。
首イボをなくして綺麗な首元を手に入れたい方は、一度お試しの価値がありそうです!

 

 

クリアポロンの詳細

 

>> 満足度90%越え!
クリアポロンの公式ページ